信州の花(紅葉)だより
「大藤」夜はレトロな趣 喬木・阿島でライトアップ
2008/05/09 15:03
ぼんぼりの明かりに照らし出された「阿島の大藤」=喬木村阿島

 甘い香りが一帯に漂う。喬木村の「阿島の大藤」は、春先の高温の影響で花房が伸びきる前に開いた花が多く、例年より1週間ほど早く進んでいる。花房は豊富で、長さ80センチ前後から1メートル20センチほどになっている。

 日が落ちるとともにライトアップが始まる。昼間のにぎわいとは、ひと味違った雰囲気。手書きの広告が入ったぼんぼりが、柔らかく花房を照らし出し、レトロな趣を感じさせる。フジ棚の下で、ござを広げるのも人気。風に舞ってきた紫色の花びらが、食べていた団子にくっつき「風流だねえ」と笑い声も。

 伊那谷の花巡りを楽しんでいるという駒ケ根市の清水和人さん(61)は「夜は初めて。雰囲気があっていいですね」。入場料100円で、ライトアップは午後9時まで。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより