信州の花(紅葉)だより
空を覆って伸びる枝 伊那・宮の原のシダレザクラ
2008/04/18 10:23
春霞の中にたたずむ「宮の原のシダレザクラ」

 伊那市西春近の「宮の原のシダレザクラ」。根元の周囲は4メートル20センチ。うねる幹から伸びる枝が空を覆うように広がる。斜面の下側に伸びた枝の先端は根元より低いところまで垂れている。その姿は花が降り注ぐようにも見える。

 近く住む城倉あさ子さん(83)は「いつも同じように咲いてくれるに」と話した。40年ほど前、車道の工事に伴い、周辺にあったサクラが何本も切られたという。しかし、城倉さんの家族や地域住民の強い希望により、この木だけは残った。

 城倉さんは「白くなってきたから、じき散るに」とつぶやきながら、慈しむようにして満開の花を見つめた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより