信州の花(紅葉)だより
カタクリ「突然咲いた」 富士見・落合小の広場
2008/04/17 14:58
落合小の広場に咲くカタクリの花

 富士見町落合小学校の校庭脇広場でカタクリが2株、かわいらしく薄紫色の花を咲かせている。同校の敷地内でカタクリが見つかったのは初めてで、児童たちは「どうして突然咲いたのだろう」と不思議がりながらも、うれしそうに見つめている。

 県環境保全研究所(長野市)によると、ユリ科の多年草のカタクリはアリが種子を運ぶことで増え、芽が出てから花を咲かせるまでに7年ほどかかる。群生地が近くにない場合、自然に生えて育つことはほとんどないという。同校の大場菊枝教頭によると、敷地内や周囲にカタクリの群生地はなく「原因が分からない」と首をかしげる。

 2年生の五味すみれさんは「カタクリはかわいらしくて大好き。大切に育てるので、広場がいっぱいになるくらいに増えてほしいな」と目を輝かせていた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより