信州の花(紅葉)だより
「片端の桜」春を運ぶ 松本の住民お待ちかね
2008/04/06 10:28
暖かな陽気で咲き始めた松本市丸の内の「片端の桜」

 松本市内では早咲きの桜として知られる松本城総堀近くの「片端の桜」が咲き始めた。通り掛かった人たちは、太い幹から分かれた細い枝に咲くかれんな花を見つけては「やっと咲いたね」「きれい」と見詰めていく。

 周辺の住民から親しまれ、咲いているかどうかを毎日確認していく人も多い。愛犬の散歩でやってきた吉村憲子さん(60)は5日、「やっと春が来た」と笑顔で話した。

 近くでお茶の専門店を経営する井伊剛さん(67)は片端の桜を見続けて50年以上になる。「今年は開花が遅れると聞いていたが、ここ1週間の暖かさで例年並みになった」と満足そう。2、3年前から花芽がつかない枝が目立ち始めたことが心配といい、「今年もきれいに咲いてほしい」と話していた。桜はあと数日で一気にほころび、見ごろを迎えそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより