信州の花(紅葉)だより
春の訪れ感じる民家の桜 塩尻で一足早く開花
2008/04/05 10:28
民家の玄関先で咲き誇る桜=塩尻市大門二番町

 塩尻市大門二番町の宮下義郎さん(81)方の玄関先で桜が8分咲きになり、周囲より一足早い桜の花が近所の人や通行人の目を引きつけている。10年ほど前に桜を植えた宮下さんは「3月末の降雪の影響が心配だったが、今年もよく咲いてくれた」と喜んでいる。

 市内の県林業総合センターによると、この桜は春と秋に咲く「四季桜」と別の桜が交配した雑種という。年に一度しか咲かないが、春の早い時期に咲く性質は四季桜と同じだ。向かいに駐車場があるタクシー会社の運転手、手塚政二郎さん(62)は「この桜が咲くと春が来たんだなと感じます」。

 塩尻市に最も近いアメダス地点「松本今井」ではこの日、最高気温が15・4度まで上昇。桜は5日にも満開を迎えそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより