信州の花(紅葉)だより
学生らが育てた2000鉢 原の農業実践大学校で販売
2008/03/20 10:27
黄やピンクなど色鮮やかな花が並ぶ八ケ岳中央農業実践大学校の直売所

 原村の八ケ岳中央農業実践大学校は、同校のガラスハウス内にある直売所でパンジーやマーガレット、プリムラなどの花や花の苗を販売している。黄や青、ピンク色など鮮やかな花々が並び、ハウスの中は一足早く春が来たようだ。

 花のほとんどは花き専攻の学生8人が種から育てた。その数は花の苗を含めて約50種、2000鉢余。小さなポット入りの苗から色とりどりの寄せ植えまで販売している。

 ゼラニウムの苗を購入した建築業、岩井高明さん(70)=茅野市ちの=は「今年は雪が多く、冬も長かった。もうすぐとは分かっていても、春は待ち遠しいですね」と話していた。

 平日は午前9時半-午後4時半、土日祝日は午前8時半から午後5時。12月末まで無休。4月以降は販売時間を延長する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより