信州の花(紅葉)だより
桜の開花、県内各地で遅めと予想 天竜峡で4月8日
2008/03/06 13:56

 長野地方気象台は5日、県内の桜(ソメイヨシノ、コヒガンザクラ)とアンズの今春の開花予想(第1回)を発表した。1月後半から2月にかけて気温が低めに推移した影響で、各地とも平年より2-6日遅くなるとの予想だ。

 ソメイヨシノの最も早い開花は天竜峡で4月8日だが、平年より3日、昨年より12日遅い。高遠のコヒガンザクラも4月17日で平年より4日、昨年より12日遅い。

 気象庁観測部によると、全国的には東日本で平年並み、西日本で平年並みか遅れる見込み。桜は11月-翌年1月に低温にさらされて目覚める「休眠打破」を経て、気温の上昇で開花するが、昨年11月から今年1月にかけては西日本を中心に気温が高く、花の目覚めが遅れたとみられるという。

 2月が平年より寒かった県内は3月の気温が平年並みか高い見通しを考慮しても、開花は遅くなりそう。今後の気温次第で開花日は前後する可能性がある。

 全国で最も早い開花予想は静岡、高知、大分の3月26日。第2回の予報は12日、第3回は19日に発表する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより