信州の花(紅葉)だより
湖畔の小道を彩る寒菊 下諏訪町の赤砂崎
2007/11/02 10:02
小さな花をいっぱいにつけた寒菊。諏訪湖畔で、釣りや散歩をする人の目を楽しませている

 下諏訪町の諏訪湖畔の赤砂崎で、寒菊が黄色い花をいっぱいに咲かせている。昨年より少し小ぶりだというが、例年とほぼ同じ時期に開花。鮮やかに咲き誇る花に、散歩や釣りで湖畔を訪れる人が足を止めたり、のぞき込んだりして楽しんでいる。

 赤砂崎の花壇に植えられている寒菊は約100株で、大きな株だと、直径は1メートル近く。うち60株ほどは、小さな花で表面が真っ黄色になるほどの満開になり、湖畔の小道に沿うように、黄色い筋ができている。

 寒菊は3年前、町地域開発公社嘱託職員の竹内清さん(65)が、公社管理の駐車場の利用客にもらった。株分けを繰り返し、今春は県内外の100人ほどに約1000本を配布した。竹内さんは「株分けした1000以上の寒菊がどこかに咲いているかと思うと、うれしくなるね」と思いをはせる。見ごろは、今月下旬ごろまでという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより