信州の花(紅葉)だより
絵画のような湿原 霧ヶ峰に草紅葉の季節
2007/10/06 10:52
八島ケ原湿原の秋の風物詩、草紅葉を眺める観光客

 霧ケ峰の八島ケ原湿原や踊場湿原が草紅葉(もみじ)の季節を迎えている。ともに今月いっぱい楽しめるという。

 下諏訪町の八島ケ原湿原では、ススキの穂が黄金色に色づき始め、シツゲンヤマウルシの赤色、ヤマドリゼンマイの茶色も美しい。残暑が厳しかったために紅葉は遅れ気味だったが、9月下旬から冷え込むようになり一気に進んだ。

 千葉県船橋市から訪れた主婦の白川勝乃さん(65)は「思ったより渋い色」。一緒に来た横浜市の下田忠恵さん(73)は「周りの山がまだ緑なので、コントラストがあってまたいい」と話していた。

 湿原入り口にある八島ビジターセンター・あざみ館のインタープリター(自然解説員)、田口信さん(54)によると、草紅葉は寒暖の差があり、からっと晴れると色付きがよくなる。来週ごろ見ごろを迎えるという。

 ここから南へ約4キロのところにある諏訪市の踊場湿原では、くぼ地にヨツバヒヨドリなどが織りなす赤茶、黄、黄緑色のまだら模様ができている。同市高島から長男(66)と訪れた菊池キリさん(93)は、大きな絵画のような湿原を見下ろしながら「きれいだねえ」とつぶやいていた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより