信州の花(紅葉)だより
炎暑に輝く大輪のヒマワリ 諏訪の休耕田に7000本
2007/08/08 10:22
強い日差しの下で色鮮やかに咲くヒマワリ=諏訪市中洲神宮寺

 7日の諏訪は最高気温30・3度を記録し、3日連続の真夏日となった。県内で比較的冷涼な諏訪地方も、ようやく夏本番を迎えたようだ。

 諏訪市中洲神宮寺の市博物館裏の休耕田では、約7000本のヒマワリが強い日差しを浴びながら黄色の大輪の花を咲かせ、観光客らを楽しませている。休耕田は2500平方メートルほど。住民有志でつくる「神宮寺花の里の会」が、住民の憩いの場と諏訪大社上社本宮前の景観づくりに-と昨年から栽培している。

 茨城県土浦市から本宮を訪れた健康運動指導士の岡村聖子さん(35)は「輝く黄色に元気をもらえました。明日からまた元気に仕事ができそう」と笑顔。同会の平林立男会長(74)は「今年は昨年よりも開花が10日ほど遅れている。今月25日くらいまでは楽しめるのではないか」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより