信州の花(紅葉)だより
古代のハス鮮やかピンク色 富士見・井戸尻史跡公園
2007/07/25 09:59
井戸尻史跡公園で見ごろを迎えている大賀ハス

 富士見町境の井戸尻史跡公園内で、古代ハスの「大賀ハス」が淡いピンク色の花を咲かせ、地元住民やアマチュアカメラマンなどの目を楽しませている。

 公園近くの井戸尻考古館によると、大賀ハスは2002年、同町の姉妹町の静岡県西伊豆町から譲り受けた3株から増やした。現在は500平方メートルほどの湿地に200ほどの花を咲かせている。

 22日には同館主催の「観蓮(れん)会」が開かれた。訪れた100人余は、小林公明館長(61)からハスの特徴を聞きながら園内を回った。家族で訪れた看護師の安喰(あぐい)文子さん(33)=岡谷市川岸上=は「ピンク色が鮮やか。花の状態がいい時期に来ることができてよかった」と笑顔だった。

 大賀ハスの見ごろは今週いっぱいぐらい。ほかに5種類のハスが順番に咲いていき、9月上旬ころまで花を楽しめるという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより