信州の花(紅葉)だより
2年ぶり…にぎわう夏 霧ケ峰でニッコウキスゲ見ごろ
2007/07/21 11:13
霧ケ峰高原を鮮やかな黄色に染めたニッコウキスゲ。今年は県内外から大勢の観光客を集めている=20日午後、諏訪市の車山肩

 諏訪市、茅野市、諏訪郡下諏訪町の霧ケ峰に広がる夏の風物詩、ニッコウキスゲが咲きそろい、高原を黄色に染めている。昨年はこの時期、豪雨災害で霧ケ峰を通り抜けるビーナスラインが通行止めになり、観光客が激減。観光関係者は昨年の分を取り戻そうと、今後の好天に期待している。

 群生地の1つ、諏訪市の車山肩(標高約1800メートル)は20日、7分咲きほど。甲府市から訪れた主婦坂本増美さん(54)は「去年は大雨で来られなくなり、今年こそはとインターネットで開花状況をチェックした。かわいくって、きれいな色の花ですね」。

 県霧ケ峰自然保護センター(諏訪市)によると、見ごろは今月末まで。車山肩のドライブインの支配人は「今年も今のところ、天候はいまひとつ。今週末と来週末に晴れてくれることを祈っています」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより