信州の花(紅葉)だより
あちこちに顔出す「大賀ハス」 木島平・稲泉寺
2007/07/14 10:52
「蓮寺」で知られる稲泉寺で咲き始めた大賀ハス=木島平村穂高

 木島平村穂高の「蓮(はす)寺」で知られる稲泉寺で、古代ハスの「大賀ハス」が咲き始めた。周囲の水田のあちこちに淡いピンクの花を咲かせ、北信濃でよく見られる鋭角的な屋根を持つ寺の景色に映えている。

 小野沢昭雄住職(68)と妻の睦子さん(64)が、1991年から減反した水田を活用して栽培を始めた。大賀ハスは、檀家(だんか)が松本市の土地改良区から譲り受けて95年から育成。現在は、大小12枚の休耕田約50アールに10種類以上のハスが茂る。今年は8月末まで楽しめそうだ。

 住職夫妻は毎年4-6月、肥料をやり除草などの手入れをする。「仏像の蓮台(れんだい)を連想させる、ハスに寺が囲まれた様子を楽しんでほしい」と話していた。

 14日は、村内の茶道クラブが同寺本堂で茶会を開く。一席300円。午前9時-午後2時。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより