信州の花(紅葉)だより
ハスも周辺整備も「ほぼ完成形」 上田・信濃国分寺
2007/07/07 11:17
信濃国分寺裏の水田で咲き始めたハスの花

 上田市国分の信濃国分寺(塩入法道住職)に隣接する休耕田で、寺と地元住民の有志「蓮(はす)の花を育てる会」が手入れして4年目になるハスの花が咲き始めた。

 約17アールの休耕田を2つに分け、4種類のハスを植えている。中尊寺(岩手県)で見つかった約800年前の種から育てた「中尊寺ハス」がある休耕田では、つぼみが膨らみ、所々に淡いピンク色の花が開いている。

 各地のハスの名所を訪ね、除草や水を入れる量など管理を学んだり、休耕田に木の通路を設置し休憩所も造ったりと、年々整備しており、今年は「ほぼ完成形」という。

 8日には「蓮のフェスタin信濃国分寺」がある。雅楽の演奏や塩入住職のハスの花と仏教の講話が本堂で開かれるほか、蓮茶や手打ちそばが振る舞われる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯田「善心光梅」
飯田「善心光梅」
天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
花だより