信州の花(紅葉)だより
青空に映える白い花 飯田でナンジャモンジャ見ごろ
2007/05/31 10:18
見ごろを迎えた三村貞美さん方の「ナンジャモンジャ」の花=飯田市座光寺

 飯田市座光寺の三村貞美さん(60)の畑で、「ナンジャモンジャ」の通称で知られるヒトツバタゴの花が、見ごろを迎えている。高さ7メートルほどの木を白い花が雪のようにすっぽりと覆い、道行く人たちの目を楽しませている。

 ヒトツバタゴは本州中部などに分布する落葉高木。ほかの土地では珍しく、正体が分からないとの意味から、ナンジャモンジャと呼ばれるという。三村さんは20年ほど前、1メートルほどの苗木をもらって「よく根付くように」と畑の隅に植えた。

 「当初は花が咲くことも、こんなに大きく育つことも知らなかった」と三村さん。妻の茂子さん(56)も「見上げたときに、青空に白い花が映えるのがとてもきれい。お寄りの際は眺めていって」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより