信州の花(紅葉)だより
菜の花畑で俳句作り 佐久の小6生が古里の自然題材に
2007/05/26 11:06
菜の花畑で絵を描いたり、俳句を詠んだりする児童

 佐久市の佐久城山小学校6年生約70人が24日、同市瀬戸の菜の花畑で俳句と絵の学習をした。菜の花畑は数カ所に計4ヘクタール広がる。盛りは過ぎたが、児童は菜の花に囲まれながら創作に取り組んだ。

 国語の授業で俳句を学んでおり、古里の自然を題材にした。児童は目の前に広がる黄色い花を見て「菜の花やミツバチと一緒花咲かす」「菜の花のにおいつんつん鼻つまる」などの句を詠んだ。

 菜の花を栽培している「佐久楽農倶楽部(くらぶ)菜の花部会」は、畑の一角に板書した俳句を掲げ、菜の花を題材にした俳句を募集している。応募は6月10日まで、荻原さん(ファクス0267・62・2363)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより