信州の花(紅葉)だより
足元いっぱいのクリンソウ 喬木で一気に見ごろ
2007/05/16 10:32
紫や薄紅色などのクリンソウが見ごろを迎え、花を楽しむ人たちでにぎわう喬木村の九十九谷森林公園=15日

 下伊那郡喬木村小川の九十九谷(くじゅうくたに)森林公園で、クリンソウの花が見ごろを迎えている。園内では27日まで「くりん草祭り」を開いており、来園者は新緑の木々の間を巡りながら足元いっぱいに広がる紫、白、薄紅色といった花を楽しんでいる。

 クリンソウはサクラソウ科の多年草で、喬木村の村花。園内でクリンソウを増やし、水の管理や草刈りなどをしている村民有志の「くりん草愛好会」によると、4月の寒さで開花の遅れも心配されたが、昨週末を中心にした陽気で一気に咲き出した。6月10日ごろまで観賞できるという。

 訪れた人たちは、群生しているクリンソウの上に設置された木製歩道を歩きながら、間近に花を眺めたり写真に撮ったりと満喫。愛好会の賜洋子会長(62)は「かわいらしい花をぜひ見てほしい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより