信州の花(紅葉)だより
からす城に咲き誇る白いボタン 松本城本丸庭園
2007/05/12 09:44
見ごろを迎えている松本城本丸庭園内の小笠原牡丹

 松本市の松本城本丸庭園内で、戦国武将の小笠原長時が愛したという「小笠原牡丹(ぼたん)」が見ごろを迎えている。天守前の花壇を通りかかった人たちは、白い花に歓声を上げたり、写真を撮影したりして楽しんでいる。

 長時は1550(天文19)年に武田信玄に攻められた際、当時の居城だった林城=松本市里山辺=内の牡丹が荒らされることを心配して、兎川寺=同=に株を預けたといわれる。その後、寺に関係の深い久根下家が育て、1957(昭和32)年に1株を、昨年10月には市制施行100周年を記念して3株を、それぞれ松本城に寄贈した。

 横浜市から訪れた男性(58)は「白い花と城の対比が美しい」。松本城管理事務所によると、花は来週末まで楽しめるという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより