信州の花(紅葉)だより
今年は短め…でも1メートル 喬木「阿島の大藤」
2007/05/11 10:52
甘い香りを漂わせ、見ごろを迎えた喬木村の「阿島の大藤」

 風に乗って、甘い花の香りを漂わせる喬木村の「阿島の大藤」。紫や淡い紅色の花が見ごろを迎え、地元だけでなく北信地方や中京圏からも多くの人が観賞に来ている。

 家族で訪れた飯田市の牛沢恭子さん(30)は「深みのある色がすごくきれいで、県外の友人を連れてくる自慢の場所なんです」。

 地元住民らでつくる「阿島の大藤保存会」によると、昨年に比べて今年はやや開花時期が遅れた。花の房の長さも昨年は1メートル20-30センチを中心に長いものは1メートル70センチほどになったものの、今年は1メートルほどと短めだ。

 保存会長の市橋薫さん(78)は「お客さんを待つように今年はゆっくりと咲いている。多くの人に立派な大藤を見てもらいたい」。花は今月半ばまで楽しめるという。入場料100円。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野「神代桜」
長野「神代桜」
松本「信州花フェスタ」
松本「信州花フェスタ」
阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
花だより