信州の花(紅葉)だより
川辺彩る500本のハナモモ 駒ケ根で見ごろ
2007/04/24 09:43
白やピンクの約500本が見ごろになった「花桃の里」

 駒ケ根市中沢の「花桃の里」で、道路沿いの斜面や川辺にあるハナモモが白やピンク、赤の花を咲かせ、見物客でにぎわっている。

 ハナモモは、花桃の里で飲食店を営む宮下秀春さん(73)が、子どもたちが川で遊べるようにと百々目木川の川辺の整備を始めたのに合わせ、1994年に植え始めた。

 1本の木に複数の色の花をつける「咲き分け」や「しだれ」などが、約200メートルにわたって500本ほど植わっている。花は月内は楽しめるといい、間もなくヤマザクラやヤマツツジも咲き始める。訪れた市内の60代の女性3人は「本当にきれい。春が来たなって感じがしますね」と喜んでいた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより