信州の花(紅葉)だより
漆絵画で幻想的に 波田・安養寺のシダレザクラ
2007/04/17 10:46

 桜の名所として知られる波田町の安養寺で、松本市宮渕の洋画家岩淵陽人(よじん)さん(69)が手掛けた「漆絵画」の展示会が開かれている。寺のシダレザクラや北アルプスなどが題材の4点を本堂に展示。訪れた人たちは、見ごろの桜とともに、色鮮やかで幻想的な絵を楽しんでいる。

 寺にある2本のシダレザクラは樹齢350-500年とされ、町天然記念物に指定されている。岩淵さんは昨年4月に初めて観賞し「極楽浄土を感じた」。その日のうちに風景をスケッチした。

 シダレザクラの漆絵画は縦1・3メートル、横1・6メートルほど。ベトナム・ホーチミン市にある自分の工房で、現地の職人とほぼ1年がかりで完成させた。蒔絵(まきえ)の技法を用い、貝殻や卵の殻で模様を出し、漆絵の具で色付けした。作品名は「光寿無量の国」。輪廻(りんね)転生といった岩淵さんの死生観を表現したという。

 「本物の桜と人が描いた桜を見比べてもらいたい」と、小松照道住職の協力を得て展示。ほかに常念岳を中心とした北アの1点、富士山を描いた2点が並ぶ。町内の主婦小出沢真理子さん(58)は「漆の絵は初めて見た。とても温かみがある」と話していた。22日まで。



見ごろを迎えている安養寺のシダレザクラ=14日



岩淵さんが安養寺のシダレザクラを題材に描いた「光寿無量の図」



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより