信州の花(紅葉)だより
満開の夜桜に哀調の調べ 城址公園で高遠囃子巡行
2007/04/14 11:49
三味線や笛を奏でながら満開の桜の下を進む「高遠囃子巡行」=12日夜

 桜が満開の伊那市高遠町の高遠城址(し)公園で12日夜、江戸時代から続く民俗芸能「高遠囃子(ばやし)巡行」があった。夜桜見物でにぎわう公園に、三味線や笛の哀調を帯びた音が響いた。

 巡行は、高遠囃子保存会の「桜奏会(おうそうかい)」が、4年前からさくら祭り期間中に2回行っている。

 午後7時、ピンクの法被と花笠姿の18人が公園内の高遠閣前をスタート。高張りちょうちんを先頭に三味線、横笛、太鼓、鼓を奏でながら、時折「そーれ」とかけ声を入れた。公園内を1周すると、再び来た道を演奏しながら戻った。

 桜奏会の小松友衛会長(83)は「満開のこんなきれいな時期の巡行は初めて。自分たちも楽しんでいます」と話していた。2回目は16日午後7時から行う。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより