信州の花(紅葉)だより
高遠城址で650万人達成 コヒガンザクラが5分咲き
2007/04/11 09:23
高遠城址公園の650万人目の有料入園者となり、花束を贈られる青木簾子さん(左)

 花見客でにぎわう伊那市高遠町の高遠城址(し)公園で10日、1983年の有料化以来の入園者が650万人に達した。園内のタカトオコヒガンザクラは5分咲きとなっており、今週末が人出のピークとなりそうだ。

 650万人目となったのは松本市寿の主婦、青木簾子さん(70)。青木さんと前後を合わせた計5人には、市と市観光協会から花束とそばの詰め合わせ、日本酒、桜の苗木などが贈られた。娘と2人で初めて訪れた青木さんは「ずっと来たいと思っていた。予想もしていなかったので幸せです」と喜んでいた。

 市商工会高遠支部女性部はこの日から、「さくら茶」の無料サービスを始めた。塩漬けにした桜の花に湯を注ぐと花びらが開き、湯がほんのりとピンクに染まる。この日は2000人分を用意した。無料サービスは11、12日も行う。

 さくら茶のサービスは旧高遠町商工会女性部が1986年に始めた取り組みだ。守屋恵子部長(51)は「みんなで手間暇かけたさくら茶なので、ぜひ味わってください」と呼びかけている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
花だより