信州の花(紅葉)だより
シダレとヒガンが一体に 飯田・桜丸御殿の夫婦桜
2007/04/06 11:08
ヒガンザクラ(右)とシダレザクラが根元で枝分かれしている「桜丸御殿の夫婦桜」=5日

 江戸時代、この場所に飯田城本丸御殿の別棟「桜丸御殿」があり、ヒガンザクラとシダレザクラが根元で一体になっていることから「桜丸御殿の夫婦桜」と呼ばれる。飯田市の県飯田合同庁舎の敷地内にある。遠くに南アルプスの山並みを望み、ピンクの花が青空に映える。

 推定樹齢は400年。樹勢が衰えてきたため、診察した樹木医の助言で、下伊那地方事務所の職員が根元に菜種油の搾りかすを施すなど手を入れている。

 同じ敷地内には飯田城の遺構の一つで1745年に建てられた「赤門」があり、毎年、桜の開花期に開門している。今年は5日に開門し、15日まで通行できる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより