信州の花(紅葉)だより
アネモネ色とりどりに咲き誇り 原の農家で出荷最盛期
2007/03/07 10:09
赤やピンク、白、紫色のアネモネの花が咲くハウス内で、出荷作業に追われる農家=原村中新田

 全国有数のアネモネの産地として知られる原村で、出荷が最盛期を迎えている。作業が進むハウス内は鮮やかな赤、ピンク、白、紫色のかれんな花が咲き誇っている。

 アネモネはキンポウゲ科の多年草。約9アールのハウスで栽培する同村中新田の伊藤佐九次さん(55)は妻の長子さん(54)と二人で花の生育具合を確かめながら一本一本丁寧にはさみで切り取っていた。「今年は暖冬でハウスを暖める灯油の消費が少なくて助かった」と佐九次さん。中の温度が5度を下回ると、暖房が入るようになっているが、昼間はほとんど入らない。温度が24度を超えファンが回り、汗ばむような暑さのハウス内で二人は作業を進めていた。

 信州諏訪農協によると、管内で栽培されているアネモネは関西や関東方面を中心に4月中旬までに約1万ケース(1ケース80―120本)が出荷される見込み。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより