信州の花(紅葉)だより
箕輪「赤そばの里」オープン 30日・10月1日まつり
2006/09/21 09:43

 箕輪町上古田区の「赤そばの里」のソバの花が色づき、20日、里開きした。4・2ヘクタールの斜面を薄いピンク色に染めた花は10月中旬ごろまで楽しめるといい、30日と10月1日には上古田公民館で「赤そば花まつり」が開かれる。

 赤ソバは、ネパール原産のソバを氏原暉男・信大名誉教授とタカノ(宮田村)が共同で品種改良した「高嶺ルビー」。同町大出で「そば処・留美庵(るびあん)」を経営する中箕輪そば組合が遊休農地活用と景観形成を兼ねて栽培。だが、今年から「地元で盛り上げを」と、同区有志が4月に「赤そばの会」を組織し栽培してきた。

 里開きは町長らがテープカットし、地元農産物の直売所を開設した。赤そば花まつりは午前10時-午後3時。盛りそばを300円(1日800食限定)で提供、そば打ち体験もある。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより