信州の花(紅葉)だより
中川の赤ソバ色づき始め 15日から「花まつり」
2006/09/15 09:05
色づき始めた赤ソバの花。見ごろは25日ごろという=中川村片桐

 中川村西原で15日から「赤そば花まつり」が初めて開かれる。遊休農地約2ヘクタールに栽培した赤ソバはピンク色に色づき始め、祭りに彩りを添える。会場では、村民有志がリンゴ、ナシ、野菜、五平もちなども販売する。

 祭りは、駒ケ根市の早太郎温泉郷開湯10周年記念イベントの一環で、同温泉事業協同組合などでつくる実行委員会の主催。10月15日まで開き、温泉郷の宿泊施設や飲食店などの利用客にも「ぜひ訪れて」と売り込むという。

 赤ソバは、ネパール原産のソバを品種改良した「高嶺(たかね)ルビー」。同村のNPO法人「信州養命の里プロジェクト」と信州日本みつばちの会が5年前から栽培を始めた。花の見ごろは25日ごろ。同法人の松村俊彦理事長は「初の大きなイベント。満開の時期は本当にきれい」とPR。バスツアーなどで約1万人が訪れる予定があるという。

 畑はJR飯田線の伊那田島駅のすぐそばにあり、約100台分の駐車場もある。赤ソバは観賞のみで、そばにして提供する予定はないという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより