信州の花(紅葉)だより
夏と秋が色鮮やかに競演 佐久のヒマワリとコスモス
2006/09/01 10:03
晩夏と初秋を同時に感じさせるコスモスとヒマワリ=佐久市新子田

 佐久市新子田の家畜改良センター長野牧場で、ヒマワリ畑の脇にあるコスモスが咲き、夏と秋を代表する花が鮮やかに競演している。

 2日に開く「長野牧場まつり」に合わせ、コスモスは5月、ヒマワリは6月に種をまいた。まつりは4年前から開催している。

 ヒマワリ畑は広さ約5000平方メートル。コスモスは牧場の敷地に沿った県道脇の幅約2メートル、長さ100メートルにわたる。ハチやチョウが花から花へ、忙しく飛び回っている。

 同市中込の女性(55)は買ったばかりのデジタルカメラを手に、最初のシャッターを押しに訪れた。「両方を一緒に撮れたらきれいだと思って」。カメラを向けながら「コスモスを見ると秋になってきたと感じます」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより