信州の花(紅葉)だより
ソバの花揺らす処暑の風 木曽・開田高原
2006/08/23 14:46
ソバ畑と木曽馬牧場の間を観光客の自転車が行き交う木曽町の開田高原

 23日は、暑さもやむとされる二十四節気の「処暑」。県内は残暑が続いているが、木曽郡木曽町の開田高原ではさわやかな風が吹き、白いソバの花を揺らしている。

 ソバ産地の開田高原では、「木曽馬の里」にまとまったソバ畑があるほか、村内のあちこちにも小規模な畑が散らばる。今年は7月の雨で作付けが遅れたり湿害に遭うなどして、場所によっては花は少なめだが、高原の山並みと合わせて写真を撮影する人の姿が目立った。

 愛知県一宮市の自営業、木村敏正さん(60)は「開田高原の風景は俗化されていない、日本の原風景のようで大好きです」と、何台ものカメラを準備しながら話した。

 高原ではコスモスの花も咲きソバの花に点景を添えているほか、ススキも伸びつつある。木曽町では10月1日に新そばを味わうそば祭りを開く予定だ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより