信州の花(紅葉)だより
6千本のヒマワリ満開 諏訪の休耕田
2006/08/05 09:46
ヒマワリが満開になった休耕田に飾る看板に絵を描く子どもたち

 諏訪市中洲神宮寺の諏訪大社上社本宮近くの休耕田で、地元の「神宮寺花の里の会」が育ててきた6000本余のヒマワリが満開になった。大輪がひしめく様子が、道行く人の目を引いている。

 同会は、草が生い茂り荒れている田に花を育て、観光地の景観づくりに役立てようと、昨年秋から活動している。会員は35人。約2500平方メートルの土地を地権者から無償で借りて畝立てなどの整備をし、5月に地元の中洲小学校の児童が種まきをした。その後は、会員が草取りなどの手入れをしてきた。

 3日には、地元の子どもたち約70人を招いて初の「ひまわり祭り」を開催。真夏の強い日差しの下、子どもたちは一面に咲いたヒマワリを眺めながら、振る舞われたかき氷を食べたり、道路沿いに飾る看板にヒマワリの絵を描いたりした。

 中洲小6年の原菜美さん(12)は「(ヒマワリは)すごくきれい。自分で植えたのでうれしい」。平林立男会長(73)は「こんなにきれいに咲くとは思わなかった。種を搾って油も取りたい」と話していた。花は8月中旬まで見られるという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより