信州の花(紅葉)だより
富士見高原ゆりの里で開園式 15日ごろから見ごろ
2006/07/12 10:01
ピンクや白などの花を咲かせた早咲きのスカシユリを見る幼稚園児ら

 富士見高原リゾート(富士見町境)内の「富士見高原ゆりの里」で10日、今季の開園式が行われた。まだユリの花はまばらだが、15日ごろから見ごろを迎えそうという。

 スキー場のゲレンデやシラカバ林にある3カ所のユリ園計15ヘクタールほどに、40品種余の90万-100万株が植わっており、雪が早く解ける「白樺ゆり園」で、早咲きのスカシユリが咲き始めている。同リゾート運営会社によると、5月に日照時間が少なかったため、咲き始めは昨年より1週間ほど遅いという。

 開園式で、運営会社の関係者らがテープカット。原村のこひつじ幼稚園の園児41人が招待され、式の後で園内を見学。オレンジやピンク、白、紫など色とりどりの花を見て「きれーい」と声を上げた。中には感激して「わたし、ここに住みたい」と話す子もいた。

 入園料は、中学生以上1000円、3歳-小学生300円。8月末まで無休で開園し、花の咲き具合によっては延長する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより