信州の花(紅葉)だより
入笠山のクリンソウ守ろう 富士見で24日植栽イベント
2006/06/14 09:23

 富士見町と伊那市境の入笠山(標高1、955メートル)に自生する花々を守り育てようと、町は24日、一帯の遊歩道などにクリンソウ(サクラソウ科)を植栽するイベントを行う。16日まで参加者を募集している。

 クリンソウは、北海道から四国にかけての山中の湿地などに自生し、赤紫色の花を付ける多年草。かつては入笠山一帯でも多く自生していたが、近年は数が減ってきているという。

 植栽は、2004年から始めた「入笠花の里山ボランティア活動」の一環。用意した苗約2万鉢は、同年秋に山に自生する株から採取した種を苗床にまき、昨年6月にボランティアなどがポットに移して育ててきた。

 当日は午前9時、スキー場の富士見パノラマリゾートのチケット売り場に集合。ゴンドラリフトで山頂駅まで移動後、駅周辺や、入笠湿原から伊那市境の御所平峠に通じる遊歩道沿いに植える。正午に現地解散。参加無料。くわかハンドシャベル、軍手を持参する。申し込みは町商工観光係(電話62・9342)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
小布施 菜の花
小布施 菜の花
上田 特設花壇
上田 特設花壇
花だより