信州の花(紅葉)だより
残雪と共演 ミズバショウ 鬼無里の奥裾花自然園
2006/05/23 09:42
雪も残る中、ミズバショウを楽しむ観光客ら

 長野市鬼無里の奥裾花自然園で、国内有数のミズバショウの群落が見ごろを迎えている。場所によって雪が残る中、行楽客が足を運んでいる。

 7ヘクタールの同園には約81万本のミズバショウが広がる。市鬼無里支所によると、見ごろは例年より半月遅く、6月半ばまで楽しめるという。入園料は1人400円。奥裾花観光センターからシャトルバス(1人150円)に乗り換える。

 夫婦やグループなどが遊歩道を散策し、弁当を食べたり、写真を撮ったりしている。このほど母親(49)と訪れた上田市下之郷の会社員、西沢悠さん(25)は「ミズバショウと残雪の組み合わせに、うっすらともやがかかり、幻想的できれい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより