信州の花(紅葉)だより
豪雪地の遅い春演出 ミズバショウ見ごろ 斑尾高原
2006/05/20 10:01
ミズバショウなどが見ごろを迎えている斑尾高原・沼の原湿原

 飯山市と新潟県にまたがる斑尾高原の「沼の原湿原」(新潟県妙高市)で、ミズバショウとリュウキンカが見ごろになっている。湿原には残雪が所々にあり、かれんな花々が豪雪地の遅い春を演出している。

 標高870メートルの同湿原は、カラマツやブナの林に囲まれた約19ヘクタール。ミズバショウは湿原を流れる小川沿いに咲く花が多く、新緑となった周囲の林からの雪解け水を集めた流れに、白さが映えている。小さな黄色の花のリュウキンカは群生し、一面が花畑のような場所もある。

 斑尾高原観光協会事務局の佐藤豊さん(32)は「ミズバショウは例年より2、3週間は遅く、今月末まで楽しめそう」と話していた。一帯は夏までにカキツバタやミツガシワなども咲き、県内外の観光客でにぎわいを見せる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより