信州の花(紅葉)だより
「花桃の郷」歩いて満喫 上田の新市民ら80人交流
2006/05/04 10:12
武石地域のシダレハナモモの花を見ながら歩いた「花桃の郷ウォーク」

 上田市余里(より)の住民が10年以上かけて約2000本を植えたシダレハナモモが咲き始め、3日、地元の「里山を歩く会」が花桃の郷(さと)ウォークを開いた。合併で同じ市民となった人たちが大勢参加し、交流を深めた。

 シダレハナモモはもともと自生していたが、旧武石村余里の約60戸でつくる「信州余里の一里花桃 花咲(はなさか)じいさんクラブ」(大平袈裟三代表)が地域おこしにつなげようと、沿道約4キロに植栽してきた。

 この日は里山を歩く会が「新市の人に武石の良さを伝えよう」と呼び掛け、約80人が参加。武石を初めて訪れた女性4人のグループは、山里の風景や濃いピンクと白色の花々に目を向けて歩いていた。

 旧市内の女性グループ「倶楽部井戸端」は、着物姿の子どもや農作業をするかかしを飾り、すいとんやニラの鍋で参加者をもてなした。代表の荒井かぎ子さんは「合併した武石の人にも一緒にかかしを楽しんでもらおうと思った」と話す。

 同ウォークは2回目。「花咲じいさんクラブ」は今回、道しるべののぼり旗を立てた。ハナモモは現在3分咲き。1週間ほどで満開という。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
小布施 菜の花
小布施 菜の花
上田 特設花壇
上田 特設花壇
花だより