信州の花(紅葉)だより
桜が彩る 木曽の夜 木曽・興禅寺などライトアップ
2006/04/22 09:52
ライトアップが始まった興禅寺のシダレザクラ

 木曽谷の桜前線が少しずつ北上し、各地でライトアップも行われている。木曽町福島の興禅寺でもシダレザクラがライトアップされ、夜の境内で美しさを放っている。

 興禅寺のシダレザクラは平安時代末期の武将、木曽義仲が植えたとされる。1927(昭和2)年の大火で焼けたが残った根から芽吹いて成長、本堂前の庭を覆うように枝を伸ばす。寺によると14日ごろ咲き始め、現在は5分咲き。「日当たりが良く、福島では最初に咲くので楽しみにしてくれる人も多い」と同寺。照明は午後10時まで。

 同町日義の義仲館では、日義公民館宮ノ越分館がライトアップを準備。開花していないがつぼみが膨らみ、22日には点灯して午後6時から分館などが飲食の屋台を出す。権兵衛トンネル開通による観光客増を受け、23日正午-午後4時には、初めて昼間に屋台を出す。

 一方、大桑村須原にある石川島汎用機械木曽事業所の第1工場では、ライトアップを行ってきたが桜に葉が目立ってきたとして、24日で終える。「夜の感じはまだ良いですよ」としている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより