信州の花(紅葉)だより
裂けた幹 久々に元気な花咲く 伊那・西町の伯先桜
2006/04/21 09:59
樹勢を回復し、枝いっぱいの花が青空に映える「伯先桜」

 伊那市西町のシダレザクラ「伯先(はくせん)桜」は江戸時代、名医で俳諧師としても知られた中村伯先が幼少のころ自宅の庭に植えたとされる。樹齢二百数十年で、市文化財。

 現在の住人によると、数年前、激しい風雨で大音響とともに幹が裂けて太さが半分に。樹勢が衰え、しばらくはあまり花が咲かなかったが「久々に元気に咲いてくれました。幹が裂ける前から育っていた子どもの枝に今年はうまく栄養がいったようです」と住人。

 市街地を見下ろす高台の住宅街にあり、20日は吹き上げる強風で花びらが散り始めていた。住人は「枝垂れなのに新しい枝は元気に上を向いている。ここまで生きたのだから、もう少し頑張ってほしいですね」。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより