信州の花(紅葉)だより
カタクリとチョウ共演 朝日・古川寺で20万株見ごろ
2006/04/18 09:53
朝日村の古川寺周辺で見ごろとなったカタクリ

 朝日村古見の古川寺(こせんじ)で20日まで、カタクリの花観賞会が開かれている。寺の裏山の斜面1500平方メートルほどに自生した約20万株が見ごろとなり、かれんな薄紫の花が訪れる人を楽しませている。

 この場所には、ヒメギフチョウの幼虫の餌になる植物ウスバサイシンも群生。村教育委員会によると、カタクリとウスバサイシン、ヒメギフチョウが1カ所で見られるのは珍しく、1990年には村の天然記念物に指定した。

 春の陽気となった17日、訪れた写真愛好家はカタクリにヒメギフチョウが止まっているところを狙ってシャッターを切っていた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより