信州の花(紅葉)だより
春を告げる花 紅梅とスイセン 駒ケ根で次々開花
2006/04/05 09:59
一斉に咲いた紅梅=駒ケ根市東伊那(写真左)。残雪の中ア・駒ケ岳を背に咲き始めたスイセン=駒ケ根市赤穂北割(写真右)

 残雪の中央、南アルプスを望む駒ケ根市で、春を告げる花々が咲き始めた。

 紅梅が満開になったのは東伊那の伊藤和正さん(67)宅。「暖冬だと1月からあちこちの枝で咲いては散っていくが、寒かったので一気に咲いた」といい、木全体がピンク色に。「こんなに一斉に咲くのは10年に1度かな」と伊藤さん。土蔵のなまこ壁や白梅とのコントラストを狙い、カメラを構える人も多い。車で通りすぎる人はフロントガラスに顔をくっつけるように見上げていた。

 駒ケ根高原の光前寺に続く市道沿いでは、地元の北割2区が植えているスイセンが開花し始めた。晴れた日は、雪をかぶった中ア・駒ケ岳に黄色い花が映える。咲いているのはまだ数十輪だが、住民が10年がかりで植えてきた球根は数十万個といい、間もなく地区全体が黄色に染まる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより