信州の花(紅葉)だより
早春の「競演」 箕輪でミズバショウとザゼンソウ
2006/04/01 10:12
白い仏炎苞を伸ばすミズバショウ(写真右)。落ち葉から顔を出したザゼンソウ(写真左)

 箕輪町長田のながた自然公園で、ミズバショウとザゼンソウが咲き始め、訪れる人に早春の「競演」を見せている。

 アカマツ林の中の湿地にあるミズバショウ園では、ミズバショウの大きな仏炎苞(ぶつえんほう)が木漏れ日に映える。近くではザゼンソウの赤紫色の苞が、落ち葉の間から顔を出している。

 同公園管理事務所によると、ミズバショウは萱野高原から移植したり、地元のライオンズクラブが植えた。ザゼンソウは3年前に植え、昨年初めて咲いたという。ミズバショウの開花はほぼ例年並みといい、数百株が咲きそろうのは4月中旬ころになりそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより