信州の花(紅葉)だより
桜前線 今年は早め 天竜峡は月末にも開花
2006/03/02 09:51

 長野地方気象台は1日、県内の桜(ソメイヨシノとコヒガンザクラ)やアンズの開花予想日を発表した。2月の気温が平年より高く、3月も平年並みか高いとみられるため、各地で平年より1-5日早いと予想している。

 予想によると、最も早いのは飯田市天竜峡の3月31日で、平年より5日早い。飯田は4月1日で5日、松本は同9日で3日、長野は同13日で1日、いずれも早い。最も遅い大町が4月21日の見込み。

 県内は昨年12月から今年1月にかけて厳しい寒さに見舞われたが、気象庁計画課情報管理室は「花芽の成長時期からは外れているため開花への影響は少ない。2月は暖かく、順調に花芽が育っていると考えられる」としている。

 同庁によると、県外の桜の開花予想日も平年より早い地域が多い。東京が3月25日、名古屋と大阪が同26日。長野地方気象台は今後8、15、22日に開花予想を発表する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより