信州の花(紅葉)だより
春告げるマンサク 飯田で遅めの開花
2006/02/17 10:31
飯田市千栄地区で黄色のかわいらしい花を付けるマンサク

 飯田市千栄地区の千栄小学校前の道路沿いで、マンサクが黄色い花を咲かせ始めた。近くに住む松島浩子さん(62)は「春を知らせてくれるので、毎年楽しみにしています」と、かわいらしい花を眺めている。

 花びら1枚1枚は細長く、先端がカール上に丸まっている。松島さんによると、例年より遅めの開花という。「以前は付近の沢筋のあちこちでマンサクを見ることができたが、最近は少なくなり、見つけるのが大変です」と話した。

 飯田市美術博物館の木下進専門研究員によると、マンサクは「まず咲く」が名前の由来とも言われ、寒さに耐えながら春を待ち、ほかの植物に先駆けて花を咲かせる。3月下旬ごろまで花を楽しめるという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより