信州の花(紅葉)だより
暖かな県内 南信濃21.5度 天竜村でウメ開花
2006/02/16 11:35
天竜村福島地区の県道沿いで咲いたウメ

 本州南海上の高気圧から暖かい空気が吹き込んだため、県内は15日も3月下旬から4月下旬並みの気温になった。アメダス観測点の飯田市南信濃は最高気温が21・5度で、1978年の観測開始以降2月の最高を更新。諏訪は平年比12・8度高い17・2度で、1945年の観測開始以来2番目に高かった。

 県最南の下伊那郡天竜村では、ウメの「冬至梅」や「竜峡小梅」の花が咲き始めた。村産業建設課によると、村南部の福島地区を通る県道沿いにある「冬至梅」3本は同日、一気に2-3分咲き。鶯巣地区にある梅園の「竜峡小梅」も二輪ほど花を付けた。

 開花は例年より20日ほど遅いという。同課は「寒さで、今年の開花は全体的に遅め。きょうのような暖かさが続いてくれれば」と、本格的な春の訪れを期待していた。

 各地の最高気温は長野11・6度(平年比7・3度高)、松本17・2度(同11・4度高)、飯田18・2度(同10・1度高)、軽井沢15・4度(同12・8度高)だった。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野「神代桜」
長野「神代桜」
松本「信州花フェスタ」
松本「信州花フェスタ」
阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
花だより