信州の花(紅葉)だより
一足早く春満開 飯田の民家でヒカンザクラ
2006/02/03 14:46
飯田市の民家で満開となったヒカンザクラ

 飯田市滝の沢の男性(73)宅で鉢植えのヒカンザクラ(緋寒桜)が満開となり、濃いピンクの花びらが一足早い春を告げている。例年はまばらに花を付けるだけで、「こんなに素晴らしく咲いたのは初めて」という。

 ヒカンザクラは沖縄地方に多く、1月から楽しめる早咲きの品種。ヒガンザクラと混同しないよう「カンヒザクラ」とも呼ばれる。鉢植えは1メートル弱で、男性の父親の代から育てられ樹齢は40-50年。冬場は温室の中に置いており、1月20日ごろから咲き始めた。

 日本桜の会「桜の名所づくりアドバイザー」の森田和市さん=飯田市竜江=によると、ヒカンザクラは飯田地方では数少ないという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより