信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)


天気予報 外国語で
天気予報 外国語で

伊那 南ア林道バス
伊那 南ア林道バス

上高地での診療に感謝
上高地での診療に感謝

戸隠山 開山祭
戸隠山 開山祭

上高地での診療に感謝 東京医大に寄付
2018/06/09 11:12
YAMA2018060901003901.jpg

 松本市上高地でホテルを運営する五千尺(松本市)と藤沢高穂社長(47)が、同社の創業100周年記念事業の一環で、上高地で診療所を運営する東京医科大(東京)に100万円ずつ寄付した。90年余にわたって山岳医療に貢献してきた功績に感謝した。

 同社は1918(大正7)年、上高地の宿泊施設「旅舎五千尺」として創業。一方、東京医科大の前身の日本医学専門学校は27年、五千尺の別館の一部を借りて診療所を始めた。上高地を訪れていた同専門学校の山岳部員が五千尺館主らの健康相談に応じたのがきっかけという。診療所は57年にバスターミナルの近くに移った。

 寄付金の贈呈式は4日に診療所であり、東京医科大の宮崎秀樹顧問らが出席した。藤沢社長は取材に「診療所があってこそ安心して上高地で働けるし、観光客らも訪れてくれる。地域のために続けてほしい」。萩原幸彦所長(61)は「地域医療に貢献する形で恩返ししたい」と話した。

写真説明:寄付金の目録を手にする五千尺の藤沢社長(中央右)と東京医科大の宮崎顧問(同左)ら


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun