信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

伊那 南ア林道バス
伊那 南ア林道バス

上高地での診療に感謝
上高地での診療に感謝

戸隠山 開山祭
戸隠山 開山祭

赤岳 八ケ岳開山祭
赤岳 八ケ岳開山祭

上高地 ウェストン祭
上高地 ウェストン祭

新技術使い遭難者探す訓練 茅野で諏訪地区遭対協
2018/02/26 09:51
YAMA2018022600947601.jpg

 諏訪地区山岳遭難防止対策協会などは25日、ソニーグループが開発した無線通信技術「LPWA」を使い、冬山で遭難者を探し出す救助訓練を茅野市の車山高原スキー場で行った。遭対協の隊員ら10人が、雪に埋まった送信機入りのザックの位置情報をスマートフォンで確認しながら捜索した。

 ソニーグループによると、LPWAは100キロ離れた場所に位置情報を送ることができ、送信機の消費電力が少ないのが特徴。このため遭難者の捜索にも応用できると期待されている。

 訓練では、茅野市役所や八ケ岳ロープウェイ山頂駅に設置したアンテナで送信機からの電波を受信し、位置情報をスマホ画面に表示。現場でスマホが使えない状況を想定し、位置情報を把握している訓練本部からの業務無線による指示で捜索する訓練もした。隊員らは「東北東に500メートル」などと声を出しながらザックを探していた。

 訓練に参加したソニーグループの担当者は「今後は送信機の小型化を図り、ニーズを探りながら、早期の実用化を目指したい」と話していた。

写真説明:ソニーグループの担当者(左)が持つスマートフォンの位置情報を基に、送信機が入ったザックを探す遭対協の隊員


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun