信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

中ア 開山式
中ア 開山式

高山村HP 充実へ
高山村HP 充実へ

浅間山 登山道点検
浅間山 登山道点検

飯田 専用ジャケット
飯田 専用ジャケット

霧ケ峰
霧ケ峰

八ケ岳遭難場所、地図で示す 12~17年の冬山で発生
2018/01/23 10:10
YAMA2018012300931701.jpg

 諏訪地区山岳遭難防止対策協会は、2012年12月〜17年3月の冬山シーズンに八ケ岳連峰で発生した主な遭難事故の場所と注意点をまとめた「八ケ岳遭難マップ」を公表している。茅野署の協力を得て遭難者が負傷、死亡した48件を地図に記し、注意を促している。県諏訪地域振興局のホームページに載せたほか、山小屋やJR茅野駅などに掲示している。

 マップでは、硫黄岳近くの「峰の松目沢」「ジョウゴ沢乙女の滝」、横岳西側の「大同心大滝」で、この5シーズンにアイスクライミング中の事故が多発したと紹介。横岳では計6件で、死亡、行方不明が各1人だった。けがの事例も含め、それぞれ疲労、低体温症、ロープ操作ミスといった原因にも言及している。

 阿弥陀岳では7件を記載。滑落と雪崩で計3人が死亡しており、下山中のスリップや道迷いなどでけがをしたり、救助されたりした事例も紹介している。道標などが雪に埋もれ、「分岐点や山頂を見落とすことがある」と注意を呼び掛けている。

 マップは14年の春・夏山シーズンに遭難が相次いだことを受けて作るようになった。春夏秋冬のシーズンごとに更新している。

写真説明:遭難事故の発生場所と注意点をまとめた八ケ岳遭難マップ


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun