信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

槍ケ岳山荘100周年 松本で記念パーティー
2017/11/23 10:06
YAMA2017112300915801.jpg

 北アルプス槍ケ岳(3180メートル)などで五つの山小屋を経営する槍ケ岳山荘グループ(松本市)は22日夜、標高2千メートル近くで槍沢小屋(1952年に焼失)の営業を始めて今年100年を迎えたのを記念し、「創業100周年を祝う会」を松本市内で開いた。山小屋や行政関係者ら約250人が出席。北ア登山の歴史を振り返った。

 同グループによると、槍沢小屋は山岳写真家の穂苅三寿雄(1891〜1966年)が北アで2番目の山小屋として1917(大正6)年に開設。焼失後、68年に200メートルほど下に移転して名称を槍沢ロッヂに改めた。現在は26年に開設した槍ケ岳山荘を中心に、槍沢ロッヂ、南岳小屋、大天井(おおてんじょう)ヒュッテ、岳沢小屋を経営する。

 この日はグループの山小屋の歴史などを映像で振り返ったほか、ヨーデルのコンサートもあった。三寿雄の孫でグループ社長の穂苅康治さん(68)は「火災など災難を乗り越えて今日がある。スタッフとともに頑張っていきたい」と話した。

写真説明:壇上に上がる槍ケ岳山荘グループの山小屋従業員ら


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun