信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

「山への招待状」岳都から 松本で25・26日山岳フォーラム
2017/11/18 12:16

 山の魅力を次世代に伝え、安全な登山について考える「岳都・松本『山岳フォーラム2017』」が25、26日、松本市のまつもと市民芸術館で開かれる。昨年10月に77歳で亡くなった登山家の田部井淳子さんの夫政伸さんらによる鼎談(ていだん)や、親子でボルタリングを体験できるワークショップ(参加型講座)などがある。

 松本市や北アルプス山小屋友交会、信濃毎日新聞社などでつくる実行委員会主催で、7回目。女性として世界で初めてヒマラヤの最高峰エベレスト(8848メートル)に登頂した田部井さんが、松本観光大使として登山の楽しみ方を広めてきたことから、今年のテーマは「山への招待状」とした。

 25日は山小屋経営者らによる講演会「山小屋主人のここだけの話」、26日は政伸さんと、田部井さんをモデルにした小説「淳子のてっぺん」を昨年信濃毎日新聞に連載した作家の唯川恵さん、田部井さんと交流があった登山家の北村節子さんが鼎談する。

 両日とも午前10時から午後5時まで。26日の鼎談などのステージプログラムは聴講券(無料)が必要で、21日までに信濃毎日新聞松本本社広告部「山岳フォーラム係」(〒399―8711松本市宮田2―10、ファクス0263・26・8730)へ代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、枚数を記入して郵送かファクスで申し込む。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun