信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

小屋番さんのイチ押し「スープカレー」 南ア北沢峠・こもれび山荘
2017/09/26 10:56
YAMA2017092600882901.jpg

 10種類ほどのスパイスを使ったスープの中心に大きな鶏肉が浮かぶ。鶏肉はやわらかく、スプーンを入れるとほろりと割けた。南アルプス北沢峠(伊那市・山梨県南アルプス市境)にある「こもれび山荘」では、今年で9年目になるスープカレーが人気だ。

 登山口にある同山荘は、多くの登山者に足を止めてもらおうと、本や雑誌がずらりと並ぶ1階スぺースを宿泊客以外にも開放し、食事のメニューにも力を入れている。

 スープカレーは料理長の狩野俊一さん(38)が無添加にこだわって作り上げたメニュー。ニンジンやセロリ、タマネギなどと鶏肉でだしをとり、仕込みに2日をかける。山荘の前を南アルプス林道が通っており、「週2回ほど買い出しに行けるので、手作りの料理で喜んでほしい」と気合が入る。

 8月下旬に訪れた茨城県つくば市の教員小林秀樹さん(62)は、一口味わって「山小屋でこんな料理はめったに食べられない」と笑顔になった。

 登山でなくスープカレーを目当てに訪れる客も。60代ほどの団体客が同窓会を開き、カレーを食べて紅葉を見て帰ったり、関東や中京のツアー客がランチに訪れたりするなど、評判が広がっている。

写真説明:狩野さんが手間暇かけて作るスープカレー


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun